フォトアルバム

カウンタ

  • counter
  • ONLINE

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月23日 (月)

3月です。あ、パートさん募集中!

いやーきびしい!

今週が収穫量の谷です。

Img_3888

去年はもう一週さきでしたが、今年はかなり復活の兆し。

もうちょっと、もうちょっとでかなり爆発の予感です。

Img_3993_2

そんなこんなで。。。

いやぁ。いろいろ考えるんですよ。今、求人誌に採用乗っけさせてもらって

今日も何軒も電話をいただいて。ほんで、今10人を超えるパートさんがすごく頑張ってくれてて、ほんとにいいんですよ。うちのパートさん、大好きですね。

もうありがたいやら。時計見ながら後ろから追いかけてくる園主。。。

いやな絵面ですよね。でも、それを乗り越えた瞬間に、すごくいい。すごくいいんです。今、すごくいい感じ。

主婦×体操教室の先生=素敵な職場。。

色んなパートさんが、いろんな目的をもってうちに来てくれるんですが、いままで居酒屋から始まって、一緒に働いたアルバイトさん、パートさんは500人はゆうに超えてると思われますが、なんだろうなー。

やっぱり、お互いにいい感じであることがすごく大事。

これはお客様とうちも一緒。

パートさんは時間と労働を。うちはその対価としてお金を支払う分けですが、大事なことは、双方の関係の結果として価値が生まれることなんですよね。この価値を高めることに両方が情熱を注げること。価値が高まったことを双方が喜べること。そういうことが仕事ってことじゃないかなあ。

今、うちで働いてくれる人がすごく自分がやりたいことを理解してついてきてくれる、それが自分のしてきた仕事の結果なんだろうなぁ。そんなふうに思うんですよね。

誰にとってもいい職場ではないです。確かに。それでも、いいんです。この高まった価値を、今度はお客様と交換する。

お客様がどこかで、何かをして生み出した価値と交換して得たお金を、トマトと交換する。それだけの価値がうちのトマトにあることが大切で、ひたすら価値のあるトマトを作ることに情熱を注げるのは、やっぱりそういうことを考え続けているからで。

だから、牧歌的に、誰でもウエルカムにはできない。

だって、結果として価値を落としてしまうことは、お客様に迷惑がかかる。それは存在意義に関わるんですよね。

牧歌的も一つの価値で、そこに価値を感じるお客様ももちろんいるから、それぞれの生み出す価値を交換する、という意味で価値の生み出し方も無限にあります。

それも踏まえたうえで、高くなくて、美味しいトマト。

を、ながーく作り続けられる。そういう職場を作る。今の腰が痛くなる、肩が痛くなる作業からパートさんを解放したい!ただただ毎日ケラケラ笑いながら働いてくれてるパートさんにはほんとに感謝しかないわけですが、その流した汗に報いるような、そんな職場をみんなで作る。

Img_4037

一つ一つの試行錯誤の中に、口笛を吹きながらキャミソールで働く、あのオランダの楽しそうなパートさんの姿が重なるんですよねー。

もっとおいしいトマトを、もっと楽しく作る。それぞれがもっとそれぞれなりに成長できて、それを実感できる舞台をつくる。そんな仕事になってきました。ああ。。。。

とか言いながら、今日も新しいトマト作戦にむけて、工事をする!ための、壊れた高速切断機のスイッチを修理!するためのスイッチの交換→ショート→分解して原因追究→原因発覚!したけど、分解したときにバネが飛んで行って草むらに埋もれて行方不明→もう一回スイッチ買に行く→スイッチ交換→高速切断機直る→やっと工事再開→日が暮れる。。。。

あああ。。。

今日もすごく新しい発見と、スイッチの構造も高速切断機も深く理解して、すごく楽しかったけど、全くはかどってない工事。。。

毎日ほんとに楽しませてもらって、申し訳ないですが、素晴らしいトマト農園です。結局何が言いたいかといいますと、ただいまアルバイトさん募集中。。。