フォトアルバム

カウンタ

  • counter
  • ONLINE

« トマト戦国時代突入。 | メイン | ギフト開始のお知らせ。 »

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。2015

明けました。

2015年が始まりました。

Img_0621

昨年は激動の一年。たくさんの人と出会い、本当に人生がひっくり返るほどの刺激的な一年でした。2014年を語る上で外せないのが、2月に行ったヨーロッパの旅。浅井農園の浅井君にくっついて2週間。

まず、絶望感。焦燥感。そして、使命感、希望。

世界の中で日本の現状を痛いほど感じ、その中でこの先、自分が何を、どう作り、価値を生み出せるか。そんなことを考える、本当に頭の中をひっくり返されるような旅。

頑張ってるつもりでは居りましたが、なんだかゆでガエルといいますか、どエスの浅井君に、ぬくぬくお風呂でまったりしてるお湯を全部抜かれた感じです。その浅井君が立ち上げたうれしのアグリ。すごくいいメンバーがどんどん増えていて、やっぱり、凄い!ここは凄い!!ここが時代の変わり目です。

Img_0552

そして、フューチャーアグリの蒲谷さんとの出会い。本当に、たまたま大阪で出会ったのに、去年何度足を運んでいただいたか。そして、伊勢神宮のお参りまで。なんですかね。蒲谷さんには、可能性を大きく広げていただいた。とゆうことでしょうか。センサーの作成、運用に始まり、いろんなプロジェクトが進んでいくのを間近で見せていただきながら、農業とゆうものが、ものすごい可能性を秘めていて、個人やチームの能力を高め、連携することで、もっと違う世界を生み出すことが出来る。とゆうような。

間違いなく圧倒的にすごいんですが、センサーの運用時には、何度も真夜中までうちの作業場でセンサーの作成を手伝ってくださって、それから大阪まで車で帰るような。次の日朝一、東京出張。

Img_0547

鉄人で、凄いんですが、やっぱり仕事ってゆうのはこうゆう物だなー。と。本当にたくさんの学びをありがとうございます!!

あとはうれしおトマトの馬場ちゃん。東馬場くんは、神戸北でトマトを作っている農家ですが、これまためちゃくちゃ絶望感と希望を。

さらにさらに、いちごを試験し始め、香川の空浮ストロベリーガーデンの大山さんにも手とり足とり。。もう、どエスしかいない。そうか、自分に足りなかったのは、どエスの人たちやったんや!と気づかされました。ああ。もう、滅多打ちでぼこぼこで、鼻血出しながらちょっと笑ってる。みたいな感じですよ。

ああ、まだまだお世話になった人が山のように。もう、なんですかね。こうゆう年なんですね。共通しているのは、現状の課題、問題点を強烈に感じさせてくれた上での、希望。あるべき方向。可能性を示してくれている。(と勝手に感じてます。)

そこに登場する、地主守。彼は、畑の地主さんではありません。わが社のスーパールーキー。ものすごい頑張り屋さん。そして、自分に足りないものをたくさん持っていて、どんどんいろんなものを落としたり、ひっくり返しながら走っていると、後ろから、ちゃんと拾いながらついてきてくれるような。

これはやれ!とゆうことだな。と、法人化いたしました。

2015年1月1日。株式会社淡路の島菜園。実務的に創業。

規模をただ増やしたいんじゃないんです。売り上げをただ、伸ばしたいんじないんです。

「かかわるすべての人に、ちょっとした面白みを」

そんな存在を目指して。美味しいトマトを作ることを、どこまで楽しめるか。食べてくださった方の心をどれだけ動かせるか。そんな一つ一つの「面白み」を、たくさん作り出せる会社にしたいなー。農業って、本当に面白いんです。可能性に満ち溢れていて、実験したいことが山のようにあるんです。その一つ一つを愚直に積み上げていくことで、我が家のトマトはもっとおいしくできる!!

 

2015は2014年に感じた可能性をひとつひとつ形にしながら事業のペースを上げていきます。激動の農業。変わり目なんてこんなもんでしょう。強烈な意志をもって、愚直に進む。振り向けば大きく変わっているような!!ああ、もっとおいしいトマト!野菜!うわーーー。やることがーーーーやまほ

どーーあるのよ^^^。

そして、それを支えてくれる、この人たち。

Img_8186

こうゆうライフワークバランスも含めて、可能性の輪を広げていきたいです。

面白み。。。ふふふ。人生は楽しい。

今年も、本当にお世話になりますが、よろしくお願いします!!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348431/33110041

あけましておめでとうございます。2015を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿