フォトアルバム

カウンタ

  • counter
  • ONLINE

2015年9月28日 (月)

ほへーー。おひさしぶりです!

http://www.eonet.ne.jp/~awajino2/index.html

ながながと開いてしまいました。

そして、ついにホームページがリニューアル。

大森ファミリー農園から、株式会社へ。

色んな環境が変わる中で、変わるものと変わらなないもの

それをうまく表現することって難しい。イヤー難しいなぁーと思いながら

なかなかいい感じに作ってもらえたと思います。これは、うちの研修生みさえさんの力作。他ではなかなか見かけない素敵なホームページを作るように。という無茶ぶりに、かるく「ハイ!」っと答えてしまったのが運の尽き。。。。

もう、それから地獄の日々が。。。

そうです、やるといったからにはやってもらわないと。

作ってはやり直し。そうして、時間と労力をしっかりかけて作り上げただけあって

確かに面白い感じに!こういう過程、楽しい!

Img_5320

2015年4月 9日 (木)

新しいメンバーが来てくれました!

多数のご応募ありがとうございました!

メンバー募集をひとまず休止いたします。

強力な戦力増強に成功。のはず。

これで、かなり戦えそうです。いけいけ新人地主守の、いけるでしょ!の一声で、じゃぁもうちょっとやりますか。。的な。

Img_4020

彼はほんとに、大したもんですよ。

お客様がいらっしゃるたびに、「はじめまして、ジヌシマモルと申します」という、ヤツの自己紹介で、

お客様の「え??なんて??」

このやり取り。ほぼ100%これですよ。

珍しい苗字の上に、滑舌が悪い。

「わかりづらい苗字なんやから、もうちょっと自己紹介何とかならんのか。。。」なんて言ってみると、

「苗字の最初が濁音だと、伝わりにくいんですよ。」

だーかーらーーー。伝わるようにしゃべらんかい!!何を言ってもちゃんと何かを返してくる優秀な物理的に上から目線の190㎝あるヤツをぎゃふんと言わせねば。。。

わいわい言いながら、増えてきました。いやー。ふえたなぁー。

後はトマトが増えてくれたらゆうことないんですけど、ほんとに、泣けるほど天気が悪い。。。あーーー。こうゆう天候の時に、ほんとの技術の差なんかが出ちゃうんだろうなぁ。もう、へたくそですみません。

ご迷惑おかけしてます皆々様、ほんとにすみません。もうちょっとしたら大爆発。といいながら、いっこも増えてこない。。。爆発詐欺ですね。こりゃ。。

Fullsizerender_3

桜もほんとに見頃が一瞬で終わる、切ない桜でした。とゆうか、ほんとに花見日和が一日もないなんて、生まれた初めてかも。

Fullsizerender

満開と、葉っぱが一緒に出てるんですよ。おいおい、はよどかんかい!

葉っぱの季節じゃ!!的な。

植物の環境への変化対応はほんとに見事で、見ていて勉強になりますね。新しい季節が来て、新しいメンバーがそろって。よし、行くぞ!次のステージへ。

なんちゃって。

大爆発のちょっと前。早く。。。。早く赤くなっておくれ。。トマトたち。たのむよーー。

トマトはよく擬人化して考えちゃうんですが、2月、3月は天候が良かったので、凄い実がいっぱいついてるんです。ほんでこの曇天雨続き。バブルでイケイケで子だくさんファミリーになって、失われた10年中。。。みたいな。

もう、出費がかさむんですよ!こんだけ実がついてると。で、病気が広がりやすい。広がらないように、病気になりかけの葉っぱを、今日みんなでムシルンデス。

その名も「葉っぱ隊」。

なつかしー。こういう一見、全くお金ならない作業を作ってしまうところが、へたくそなんですよ。もっとうまく管理できたはずなんですよね。栽培に関する自信は一年目が一番あったかも。年々わからないことだらけです。

が!!

それを一つ一つ解き明かすことで、無限に広がるロマンがある!

とか言いながら、昨日初めて来てくれた人に、「じゃぁ作業だけじゃつまらないので、コナジラミと灰色カビの農薬について、成分と効果、使用回数、バイオタイプQへの効果、マルハナバチへの影響をまとめてみてください」

とかいっちゃう。

知らなかったことを知る、できなかったことに挑戦する、昨日より今日の方が、何かが出来るようになってる、そんなメンバーが集まると、新しい世界を作れるのだ!!頑張れみんな!!!

おまえががんばれよ。とかいわれちゃう。

はい。ですよねー。自己能力開発研究機構 淡路の島菜園。。。怪しすぎる。さ行くぞ!ネクストステージ!!

2015年3月23日 (月)

3月です。あ、パートさん募集中!

いやーきびしい!

今週が収穫量の谷です。

Img_3888

去年はもう一週さきでしたが、今年はかなり復活の兆し。

もうちょっと、もうちょっとでかなり爆発の予感です。

Img_3993_2

そんなこんなで。。。

いやぁ。いろいろ考えるんですよ。今、求人誌に採用乗っけさせてもらって

今日も何軒も電話をいただいて。ほんで、今10人を超えるパートさんがすごく頑張ってくれてて、ほんとにいいんですよ。うちのパートさん、大好きですね。

もうありがたいやら。時計見ながら後ろから追いかけてくる園主。。。

いやな絵面ですよね。でも、それを乗り越えた瞬間に、すごくいい。すごくいいんです。今、すごくいい感じ。

主婦×体操教室の先生=素敵な職場。。

色んなパートさんが、いろんな目的をもってうちに来てくれるんですが、いままで居酒屋から始まって、一緒に働いたアルバイトさん、パートさんは500人はゆうに超えてると思われますが、なんだろうなー。

やっぱり、お互いにいい感じであることがすごく大事。

これはお客様とうちも一緒。

パートさんは時間と労働を。うちはその対価としてお金を支払う分けですが、大事なことは、双方の関係の結果として価値が生まれることなんですよね。この価値を高めることに両方が情熱を注げること。価値が高まったことを双方が喜べること。そういうことが仕事ってことじゃないかなあ。

今、うちで働いてくれる人がすごく自分がやりたいことを理解してついてきてくれる、それが自分のしてきた仕事の結果なんだろうなぁ。そんなふうに思うんですよね。

誰にとってもいい職場ではないです。確かに。それでも、いいんです。この高まった価値を、今度はお客様と交換する。

お客様がどこかで、何かをして生み出した価値と交換して得たお金を、トマトと交換する。それだけの価値がうちのトマトにあることが大切で、ひたすら価値のあるトマトを作ることに情熱を注げるのは、やっぱりそういうことを考え続けているからで。

だから、牧歌的に、誰でもウエルカムにはできない。

だって、結果として価値を落としてしまうことは、お客様に迷惑がかかる。それは存在意義に関わるんですよね。

牧歌的も一つの価値で、そこに価値を感じるお客様ももちろんいるから、それぞれの生み出す価値を交換する、という意味で価値の生み出し方も無限にあります。

それも踏まえたうえで、高くなくて、美味しいトマト。

を、ながーく作り続けられる。そういう職場を作る。今の腰が痛くなる、肩が痛くなる作業からパートさんを解放したい!ただただ毎日ケラケラ笑いながら働いてくれてるパートさんにはほんとに感謝しかないわけですが、その流した汗に報いるような、そんな職場をみんなで作る。

Img_4037

一つ一つの試行錯誤の中に、口笛を吹きながらキャミソールで働く、あのオランダの楽しそうなパートさんの姿が重なるんですよねー。

もっとおいしいトマトを、もっと楽しく作る。それぞれがもっとそれぞれなりに成長できて、それを実感できる舞台をつくる。そんな仕事になってきました。ああ。。。。

とか言いながら、今日も新しいトマト作戦にむけて、工事をする!ための、壊れた高速切断機のスイッチを修理!するためのスイッチの交換→ショート→分解して原因追究→原因発覚!したけど、分解したときにバネが飛んで行って草むらに埋もれて行方不明→もう一回スイッチ買に行く→スイッチ交換→高速切断機直る→やっと工事再開→日が暮れる。。。。

あああ。。。

今日もすごく新しい発見と、スイッチの構造も高速切断機も深く理解して、すごく楽しかったけど、全くはかどってない工事。。。

毎日ほんとに楽しませてもらって、申し訳ないですが、素晴らしいトマト農園です。結局何が言いたいかといいますと、ただいまアルバイトさん募集中。。。

2015年2月 2日 (月)

仕事しながら考えることなんて。

今の時期のハウスでの作業は快適です。

ようやくこの季節がやってきました。日射量も強くなり

いい――感じですよ。完全に酸素がいっぱいあって過ごしやすい感じ。

普通に休みの日でもお昼寝したいくらい。

Img_4252

外は寒いですが、こんな陽気だと歌なんか歌っちゃったり。

歌。ずり下げとか脇芽誘引作業をすると、いつも歌が頭の中をぐるぐる回るんですよ。

今日はあれです。らっすんごれライ。もう子供が、ひたすらおんなじネタを楽しそうに言い続けてくれるもんで。あれ、回りますよ。

ちょっとまってちょっとまっておにいさん!

みたいな。もういい加減むかついてきて、何とか頭を切り替えようとして、ふと頭に流れ始めたのが

もーもたろさん、ももたろさん。

うーん。。。。

おこしにつけた きびだんご ひとつわたしにくださいな

あーげましょう あげましょう これからおにの 征伐に

ついてーいくならあげましょう。。。

うーん。

ももたろうってあれですよね。きびだんごひとつで

さるいぬきじをひどい目にあわせる話ですよね。

恐怖の鬼ですよ。人食い鬼?ですよ。そんな鬼に、人間様が勝てない鬼に

サル、イヌ、記事と子供で戦いを挑んで、きびだんごって。。。

どんだけハイリスクローリターンなんですか。

ここでふと思うわけですよ。

農業法人の社員って、さるいぬきじの立場に似てないか?

なんて。

農業特有のリスクは、法人の社員だろうがあるのに、どうもローリターン。

大成功したからって、給料が普通のサラリーマン並みになる希望もなく。。

みたいな。農業なんだから、給料安くて当然だ!!的な風潮も相まって。

もともと田舎で生活すると、給料の可処分所得は大目になるとは思いますが、ヘタな田舎だと都会よりもお金がかかる恐れもあるし、作業員的な扱いなら、何年いたって大した経験も積めないし。

でも、その、農業なんだから!ってゆうのを、なんとかぶっとばして、ちゃんと給料がもらえるような世界にする!って言ってしまうと、実は社員としてかなりの力量が問われて、今までの常識を突き抜ける技術だったり、管理だったり、いろんな能力を発揮しなくちゃいけなくて、それこそ新しい世界を作るような仕事で、それゆえに超面白い。そうゆうことなんじゃないかなー。と思ったりするわけで。

やりがいとリスクのバランスは、みんな自分でとっていい。

これは日本がほんとに平和で平等な国なんだなーと思う瞬間でもあるわけです。

ね、淡々と作業してると、頭がどうも理屈っぽくなるでしょ。

2015年1月26日 (月)

やっぱりちがうよねー。

皆さん、ハーマンモデル診断ってご存知ですか?

これ、仙台の農家さんに教えてもらったんですが、凄い面白い。

http://chikaku-navi.com/harman/index.cgi

このページの24の質問に答えるだけで、いろいろわかっちゃう。というやつです。利き脳ってゆうやつですね。前頭葉、後頭葉、右脳、左脳で、どこが強くてどこがよわいってゆうやつです。それぞれの脳みその領域には役割があって、日常生活に大きく影響しているとかなんとか。

まぁ能書き長いのはいつものことですが、ひとまずやってみてください。

ほんで、わたくし、

A:論理的思考 50点

B:計画性、堅実 12点

C:コミュニケーション、和 50点

D:独創性、冒険 100点。。。

最高100点で、全体を振り分けてるので、絶対的な点数というよりバランスを見る感じです。

このとんがった感じ。。。。計画性、堅実の異様な低さ。。。

すごく納得しました。自分でルールを作るけど、自分で守れない感じ。夏休みに、宿題を計画的に終わらせる作戦を必死で練って、作戦が出来たらもう嫌になる感じ。ああ、そうか。自分の中の堅実性はぶっ壊れてるのか。。。

などなど。

Img_4056

そうです!自分の脳みそが異様に偏っていることを、38歳にしてついに気づいた!とゆうことです。

日本人って、均質性を求められて育つじゃないですか。全部平均以上。みたいな。だから、みんな話せばわかる。いつか分かり合えるってゆう価値観が根本的にあるような気がするんですが、ジャングルに行ったときにも感じたことで、人はみんな違うってゆうことです。

そう、違うんです。

違う、ということを、知る。

違うんだから、分かり合えなくて当然で、分からないからそれなりに折り合いをつける。そういうことの方が、現実ではずっと多い気がします。

いやーバランスわりーーー。ひーーーー

なんて思いながら、うちの母ちゃんにやってもらったら、完全に計画的で、堅実なB型人間。ああ、そうか。だから、いいのだ。これでーーいいのだーーー。

ですよ。みんな補い合って生きている。

ほんで、スーパールーキーの彼も、やっぱりB型。そうですよね。おんなじ組織にDがいっぱいいると、めちゃくちゃになりますから。

ふと振り返ると、いつも自分の周りにB型の人がいて、すごくお世話になったような気が。。。いろんなものをボロボロ落としながら、なくしながら歩いている後ろを、ちゃんとほかの人が拾って、整理してくれるような。。。

Img_3875

これをパートさんにもやってもらうと、ほんとにきれーに出ますよ。なーーーーーるほど!ほんと面白い。自分と人との違いを、こうゆう見方で見ると、いろんなことがすごく腑に落ちる。違うんだから、しょうがないよねー。的な。

で、それを補い合って生きていて、チームもそんな感じでできていくわけです。

Img_4382

いま、うちで手伝ってくれるパートさんたちも含め、ほんとに毎日けらけら笑いっぱなしで、法人の社長さんってもっと偉い人かと思ってましたが、全く変わらず、やっているわけですが、一つ思うことがあって。

それは、やっぱり、仕事を楽しむ感性。

みんなで成果を出すことを素直に喜べる、そうゆうこと。

 これがすごく大事だなー。と思うわけです。天職について考えることがあって、昨日幼稚園からの同級生に久しぶりに会ったんですが、その人が、わたくしが高校生のころに、美味しいトマトを作ると熱く語ってた!とゆうわけですよ。本人全く覚えてないし、夢がかなったね。と言われると、そうなのかーー?

と。

子供のなりたい職業。とか、大学生の人気企業ランキング、とかありますよね。そして、人気ランキングに入ってくるわけのない居酒屋で、しかもブラックのリーディングカンパニーワタミで働いていたわたくし、実は、すごく楽しかったんですよ。ほんで、今も楽しい。店で皿を洗ってる時だって楽しかったし、農場でレタスを切ってた時も、やっぱり楽しかった。

夢って、何をするかじゃなくて、自分の特性をしっかり発揮して、楽しみながら価値を作り出せるなら何でもいいなって思うわけです。

わけわからん感じになってきました。そう、いつもならもう寝てる時間ですから、おかしな感じになりますね。でも、自分はきっと、散髪屋さんになっても、銀行員になっても、自分の不安定さと冒険心と独創性を武器に、楽しく働けるんだ!ってゆう気がするんですよ。なんか、そういうことをうまく子供に伝えたいなーなんて思っちゃったり。

そんなわけで、いい仲間に囲まれてもりもり作っているトマトもすっかり美味しくなってまして、注文爆発に着き先週はちょっと足りませんでしたが、今週は大丈夫な気がします。トマトの美味しい季節ですよ!

2015年1月 7日 (水)

ギフト開始のお知らせ。

イヤー今年はほんとに、大苦戦。

ようやくかなりいい感じになってきました。

トマトって難しいなぁ。毎度毎度ですが。

Img_0713

1月に入って、ぐっと、ググッときました!

うへー。長かった―。胃が痛い。

Img_0539

やっぱりこうでなくっちゃ。のトマト。

ギフト出荷開始いたします。

ご注文、お待ちいたしております!!

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます。2015

明けました。

2015年が始まりました。

Img_0621

昨年は激動の一年。たくさんの人と出会い、本当に人生がひっくり返るほどの刺激的な一年でした。2014年を語る上で外せないのが、2月に行ったヨーロッパの旅。浅井農園の浅井君にくっついて2週間。

まず、絶望感。焦燥感。そして、使命感、希望。

世界の中で日本の現状を痛いほど感じ、その中でこの先、自分が何を、どう作り、価値を生み出せるか。そんなことを考える、本当に頭の中をひっくり返されるような旅。

頑張ってるつもりでは居りましたが、なんだかゆでガエルといいますか、どエスの浅井君に、ぬくぬくお風呂でまったりしてるお湯を全部抜かれた感じです。その浅井君が立ち上げたうれしのアグリ。すごくいいメンバーがどんどん増えていて、やっぱり、凄い!ここは凄い!!ここが時代の変わり目です。

Img_0552

そして、フューチャーアグリの蒲谷さんとの出会い。本当に、たまたま大阪で出会ったのに、去年何度足を運んでいただいたか。そして、伊勢神宮のお参りまで。なんですかね。蒲谷さんには、可能性を大きく広げていただいた。とゆうことでしょうか。センサーの作成、運用に始まり、いろんなプロジェクトが進んでいくのを間近で見せていただきながら、農業とゆうものが、ものすごい可能性を秘めていて、個人やチームの能力を高め、連携することで、もっと違う世界を生み出すことが出来る。とゆうような。

間違いなく圧倒的にすごいんですが、センサーの運用時には、何度も真夜中までうちの作業場でセンサーの作成を手伝ってくださって、それから大阪まで車で帰るような。次の日朝一、東京出張。

Img_0547

鉄人で、凄いんですが、やっぱり仕事ってゆうのはこうゆう物だなー。と。本当にたくさんの学びをありがとうございます!!

あとはうれしおトマトの馬場ちゃん。東馬場くんは、神戸北でトマトを作っている農家ですが、これまためちゃくちゃ絶望感と希望を。

さらにさらに、いちごを試験し始め、香川の空浮ストロベリーガーデンの大山さんにも手とり足とり。。もう、どエスしかいない。そうか、自分に足りなかったのは、どエスの人たちやったんや!と気づかされました。ああ。もう、滅多打ちでぼこぼこで、鼻血出しながらちょっと笑ってる。みたいな感じですよ。

ああ、まだまだお世話になった人が山のように。もう、なんですかね。こうゆう年なんですね。共通しているのは、現状の課題、問題点を強烈に感じさせてくれた上での、希望。あるべき方向。可能性を示してくれている。(と勝手に感じてます。)

そこに登場する、地主守。彼は、畑の地主さんではありません。わが社のスーパールーキー。ものすごい頑張り屋さん。そして、自分に足りないものをたくさん持っていて、どんどんいろんなものを落としたり、ひっくり返しながら走っていると、後ろから、ちゃんと拾いながらついてきてくれるような。

これはやれ!とゆうことだな。と、法人化いたしました。

2015年1月1日。株式会社淡路の島菜園。実務的に創業。

規模をただ増やしたいんじゃないんです。売り上げをただ、伸ばしたいんじないんです。

「かかわるすべての人に、ちょっとした面白みを」

そんな存在を目指して。美味しいトマトを作ることを、どこまで楽しめるか。食べてくださった方の心をどれだけ動かせるか。そんな一つ一つの「面白み」を、たくさん作り出せる会社にしたいなー。農業って、本当に面白いんです。可能性に満ち溢れていて、実験したいことが山のようにあるんです。その一つ一つを愚直に積み上げていくことで、我が家のトマトはもっとおいしくできる!!

 

2015は2014年に感じた可能性をひとつひとつ形にしながら事業のペースを上げていきます。激動の農業。変わり目なんてこんなもんでしょう。強烈な意志をもって、愚直に進む。振り向けば大きく変わっているような!!ああ、もっとおいしいトマト!野菜!うわーーー。やることがーーーーやまほ

どーーあるのよ^^^。

そして、それを支えてくれる、この人たち。

Img_8186

こうゆうライフワークバランスも含めて、可能性の輪を広げていきたいです。

面白み。。。ふふふ。人生は楽しい。

今年も、本当にお世話になりますが、よろしくお願いします!!

2014年12月14日 (日)

トマト戦国時代突入。

植物工場だ!トマトはオランダ式だ!!

と騒がれて、はや何年になるんでしょうか。

激動の時代がついにやってきました。といいますか、来たのを猛烈に実感するようになりました。気づけばトマト農家になって10年ほど。淡路島に来て、8年目に突入しようとしていますが、今年の激動ぶりは、ほんとにすさまじいものがあります。

ひとえに出会いから始まり、出会いに終わる。いやいや、まだ終わってないんですが。浅井農園の浅井君とヨーロッパを回ったところから始まった、衝撃の一年。それから強烈な危機感と好奇心にあおられて、いろんな人と出会って、ロボット博士?の蒲谷さんで締め。

まぁ話し始めると、ほんとにその間にもお世話になりまくっている人しかいないので、もういちいち上げるときりがないんですが、ありがたやありがたや。人は人とあるタイミングで繋がって、そのつながりが化学反応を起こして、新しい時代をつくっていくんだなー。なんて。知らない間に?いろんなことが起こっていて、それを知って、自分の立ち位置を深ーーーーく考える。なんて。

Img_0552

今年の2月にヨーロッパに行ったときには、ただの畑やったんですよ。

それが、今やこの中に、完全オランダ式を超えるトマト栽培システムがあり、ものすごい量のトマトが作られていて。それがものすごい求心力でどんどんいろんな人を引き付けて。

ほんとにすばらしい。ただヨーロッパの生産技術を移植した。とゆうだけの話じゃなくて、ある程度近くで見ていたので、新しいスタッフもどんどん増えて、葛藤のなかでものすごい成長を遂げている。どんなにシステマチックになろうが、それを作ってるのはやっぱり人で、場が人を成長させる。そんなことを、えらいことを成し遂げている若いスタッフを見ていて感じさせられました。

Img_0529うちはうちで、今年も小学生のトマト探検隊を受け入れたり。

Img_0535こいつはこいつで、こんな感じ。

変わるもの。変わらないもの。

そして、行き着いた答えは、やっぱり美味しいトマトを作る。そうゆうことです。我が家はおいしいトマトを作るトマト農家になる!いや、みんなそうなんですよ。そうなんですけど、そこに対する可能性をしっかりもっと高めるんです。一つ一つの技術をしっかり検証して、地道に、愚直に、しっかりと積み上げる。

今年のトマトもようやく、味の変わり目。

毎年この時期はほんとに胃が痛い思いをしてますが、ちょっとずつ、ちょっとずつ、変わっていくのを感じているわけでして。なぜトマトはおいしくなるのか。わかっているようで、わかっていないこの疑問。こちらの想いを一方的に伝えていたんじゃないかと反省しつつ、トマトともっとちゃんとお話ししないと。

むずかしい!イチゴもちょこっとかじってみたり、トマトもどんどんマイナーチェンジを繰り返していますが、まーーーーーーーーーーむずい!

うへーーーー。

まぁこれだけ悶えてても、子供たちもちゃんと育ってるし。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7歳)とうちゃん、頭変なにおいする。。

父)なになに?どんな匂い?

7歳)いつものおとうちゃんのにおい。。。。

父)。。。。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

7歳。。。。おい。7歳。。。。そして、3歳なんて超大人な会話してきます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

3歳)とうちゃん、女の子が男の子とちゅーしたら、どうなるか知ってる?

父)なになに?どうなるの?

3歳)えーー?知らんの?お姫様になるんやで。

父)へーーー。

3歳)おとうちゃん、女の子と女の子がチューしたら、どうなるの?

父)。。。。。

ここは3歳に、リアルに詳細に教えるべきか、ロマンチックなお話を用意すべきか。これまた悩ましい。

ちゃんと大人の階段上がってるようです。こっちの成長がついていかん。いやいや、みなさん!これからです!

ぷへーーー。ギフト開始はパスタの日とほぼ同時になるんじゃないでしょうか。お急ぎでなければ、1月に入ると安定してきますのでお勧めです。このフレーズ、毎年書いてる気がしてきた。

それでも、この時期に問い合わせくださるお客様がいることはほんとにありがたいことです。畑もいまだかつてないくらい、きれいに管理できているし、新しい作業場もとっても快調。パートさんの成長度合いが半端ない。いやぁ人数増えると、いやでも古い人が成長していきます。すばらしい!

そんなわけで、お待たせしている皆様。もうちょっと、もうちょっとです!

がんばります!!!

 

2014年12月 2日 (火)

パスタの日は12月21日です!!

皆様ごきげんよう。

Img_53991

今年もやってきました。パスタの季節です。

クリスマスにこのパスタを食べてくださる方がいるこの幸せ。

背中をおされおされてパスタセット、今年もやります!!

12月21日日曜着です!!!

基本セットは、パスタ2人前とトマト1kg送料込み3000円です!

パスタ、トマトの量は応相談です。ご希望の数でお申し付けください。

このパスタセットを販売させていただくたびに思うんですが、自分が作っているのはトマトだけです。それをソースにしてくださる沖物産の入口さん、生パスタは淡路麺業の出雲くん、バジルはまだ淡路産、あるかなー。加工、6次産業はもうかるとかそうゆうことじゃなくて、一つのものを作るのに、かかわる人が沢山必要だとゆう、その一点において面白い!

そんな風に考えます。

入口さんといえば、名カメラマン。

娘たちの七五三の写真をお願いしました。

Imgp1800

さすが入口プロ!!ほんとに気まぐれ姉妹を可愛くとってくれました。うちの母ちゃんが着て、長女が着たこの着物、ついに次女が着る年になりました。

わたくしが撮影すると、こうなります。

Img_0377

もうね、こいつは。。。。

こいつはね。

ほんとに、こうゆうやつですよ。

足が痛いと草履をはいていた時は、それこそ足枷みたいにおとなしくしてました。

じゃぁぬいでいいよって、足袋になった瞬間に、これですよ。

Img_0478

イチゴの畑でも、赤くなるのを待ちきれない。白いイチゴを酸っぱい酸っぱい。と、ぶーぶー言ってます。イチゴがいっぱいできて、茎が折れないようにと、ひもを張ったんですが、イチゴ。むずい。

Img_0508

じゃかじゃーん。これ、イチゴの名人。香川の大山さんの高級イチゴです。

Img_0501

箱まで含めて、ブランディングがしっかりしてて、作っているものに対する思い入れが強い。プライドも強い。技術もしっかりしている。そうゆうイチゴ。

うちのイチゴも何とか復活するようあれこれ手を焼いてますけどね。なかなかイチゴの言葉がわからない。トマトとイチゴは違うと、よく大山さんに言われます。その言葉の意味をよーーーくかみしめながら、イチゴとおはなししてます。トマトとお話するのもなかなか難しいですけどね!分かり合えてると思うと、急にわからなくなる。つかんだと思ったら、指の間から零れ落ちる幸せみたいなものですね。

新入部員のプロポーズ王子も、頑張ってますよ!!いやぁー最近の若い者はってよく言いますが、この若年寄でみょーーに落ち着いてるプロポーズ王子、ほんとに働き者で、向上心も強くて、刺激を受けます。うちのかあちゃんと始めた農場も、パートさん含めて10人に近づいてます。うれしいことです。みんな頑張り屋さんで、本当に一生懸命働いてくれます。お尻を叩く小姑の役がわたくしの係り。それに耐えるプロポーズ王子を応援するパートさん連合に、うちの母ちゃんまで参加してますので、完全に多勢に無勢。

イメージ通りの組織でありながら、一抹の寂しさも。

頑張れ!!若者!!!頑張れ!俺たち!!!!

美味しいトマトをいっぱい作るのだ!!!!!!!!!!!

とゆうことで、パスタセットご注文、お待ちいたしております!あ!!ギフトの季節は今月末までに始まります!毎日、ちょっとずつ味が変わる。今週の寒さは、かなりいい感じにトマトの味を変えてくれます。ああ、楽しみ。

ご注文はメールでお願いします!

awajinosimasaien@iris.eonet.ne.jp

まで!

ps。

Img_0482

奥様による、ちびっこ袋詰め教室です。週末のよく見る光景。。。

2014年10月19日 (日)

39回目の誕生日。

昨日38歳になりました。

わたくし、サンパチ。

ほんで、昨日初収穫でした。6kgほど。

いやぁ懐かしいうちのトマトの味がします。

Img_0056

そして、8月からうちの農園にスーパー新入社員が入社。入園?しました。

このふたつき、彼の頑張りにも引っ張られて、こっちもペースが上がりっぱなしです。が、なんとかぎりぎり植えつけも終え、冬準備を進めています。

そんな彼が、先日やってくれましたよ!!

Img_0019

どうですか。この浮かれた感じ。

遠距離恋愛の彼女に、ぷぷぷぷぷ

ぷぷ

プロポーズをうちの畑でする。とゆうので、こりゃー悪乗りするしかないと。

わたくし、動画でガッツ抑えさせていただきました。

ハウスの真ん中で、彼女と自分が与太話をしているところに、

彼がスーツに着替えて、バラの花束をもって登場。

昭和の匂いが。。。

バブルの、あの伝説の季節の香りがします。

Img_0010

こうゆう節目をしっかり楽しめることって、人生をすごく素敵にしますね。

もう、前の日からカメラアングルとかリハーサルとかして、

こっちが緊張しましたよ!!

でも、大成功でこの笑顔。

で、帰って来て動画チェックしてたら、うちのかあちゃん感動して泣いてる。。。

不安定な職種で、不安もある中で、

結婚を決意する感じ、わかるわぁーー。

だそうです。コメントしずらい。

ほんと、幸せおすそ分けって感じで、いいなぁ。美味しいお酒を飲ませていただきました。一回りも若い二人ですが、すでに我が家よりだいぶ落ち着いてる感が。

最近40を前にして思いますが、人間年取ればそれなりに落ち着きと貫録が出てくるってゆうの、あれ嘘ですね。中学くらいから全く変わる気配がしません。このままいくなら行くしかない!

Img_9735

イチゴなんて作り始めたり。

Img_0096

農家的自作センシングの会?でセンサーみんなで作ったり

次から次へといろんなことをやるたびに、いろんな関わりが増えて。

うちのトマトの収穫が始まることで喜んでもらえる人が増えていることを実感します。

商売って、やっぱり難しくて複雑で、でも、やっぱりすごく単純なんじゃないかと最近思います。

人に求められるものを、しっかり作ること。

人としてちゃんとすること。

これです。

うちは人の食べ物を作って届ける仕事なので、お客様が食べたいと思うものを、できるだけ安くお届けする。で、最終目標はみんなの野菜を食べる量が増えること。

かかわる人も増える中で、ここでちゃんとリセットできました。

我が家の農園もいろんな人の人生に深くかかわるようになって、責任もちゃんと感じてますが、やっぱりかかわる人が増えるのは嬉しいもんです。

トマト農園でプロポーズしたい方!いらっしゃいましたらご協力差し上げますよ!

2014年10月14日 (火)

ご心配いただきまして。

Img_9796

台風被害を心配くださる連絡を多数いただきました。

ほんとうにありがたいことです。

我が家も温室もトマトも無事です。

今日初めてのトマトを食べました。

一人一個。ああ。うちのトマトの味がする。

懐かしい甘酸っぱさ。ああ。うちのトマトのあじだなぁ。

年末に向けて、しっかり甘さをのせていきますね!!

2014年9月13日 (土)

いろいろな夏。が終わって秋が。始動の時がやってきた。

小学生とすごす初めての夏休み。ながいなーーーー。そして、保育所さまさま。これで下のちびっこぎゃんぐまでいたら、ほとけのかあちゃんの顔も三度まで。つのだってはえちゃうぞ!!

Img_9403_2でも、こうゆう時間をどう過ごすか。バイタリティーとアイデアとユーモアと気合と根性で、楽しむのだ!

とかなんとか言いながら、アメリカ人の女子高生と女子大生が4日ほどホームステイに来たり。ゆいのお姉ちゃんみたいな感じの中学生くらいが来るのかと思ってたんですが、いやいや、お年頃のお嬢さんで、こっちもパンツ一丁でうろうろするわけにもいかず。。妙な緊張感と共に過ごした素敵な日々。

軽いノリでなんでもOKなんて言ってると、結局、うちの母ちゃん大変です。そうです。あなたの選んだだんなさまーーー。こうゆうところがB型の良いところ。

日本中といいますか、世界中といいますか、異常気象といいますか。なんだかざわざわしてますが、ここは超現実主義者のわたくし。明日地球が滅びるとしても、今日は脇芽をとって過ごすのだ!

そんな毎日。ああ。幸せ。

この二月ほどの間に、いろいろ報告事項がありまして。まず、事務所引っ越ししました。

Img_9421_2

これまた、海の見える素敵な事務所。の軒の屋根の工事現場から。この屋根、かかったなーーー。2週間ほどかかってしまった。。。暑いし、溶接は穴だらけになりましたが、まぁ、飛ばないことを祈るのみ。秋の気配を感じるようになって、ようやく完成です。軒下もあって、ほんとに居心地のいい。。なので、今後、トマトの詰め作業はここでしてます。常連の皆様、今後はこちらへ来ていただければ誰かいると思いますので、よろしくお願いします。

142_2

前の作業場から車で2分。上の道からも来れますが、28号からの方がわかりやすいです。東浦IC方面からですと、学習小学校を右手に進んで、1kmほどで右手に「沖田耳鼻科」さんの黄色い看板。

3

が見えてきたその先を右

4

ココです。右折レーンがあるので入りやすいです。

曲がったらこんな感じです。道なりに、ねすみ色の道を上へまっすぐ上がってください。結構急な坂です。

6

200mほど上がると、左手にカーブミラーとガードレールが見えるさんさろがあります。

8

そこを左!!

9

で、あとはまっすぐで、にゅう作業場到着です!国道から2分もかかりません。

 

10

こんな感じで温室が見えてきます。ここが、C,D棟です。

11

じゃじゃーんみたいな。

12

すごく似てますね。この坂を上までのぼって、振り向くとこんな絶景

13

前の作業場とは一味違う景色。開け方がすごい。大阪から和歌山までみえそうです。

ねこ、うし、うさぎ、たつ、改め

イヌうえ、イヌした、ヤギうえ、やぎした、改め(3日ほど)

A,B,D,C,E,F,G棟。

なんだよーーーー

結局ローマ字の味気ない名前で落ち着きました。パートさんからわかりにくいと一蹴され。。。そうです。温室増えました。

そして、ついに待望の新入社員が!8月1日から入社。年明けには

淡路の島菜園改め、株式会社淡路の島菜園。

やってることは何にも変わりませんが、先に、その先に。面白いもの、美味しいもの、楽しいもの、しんどいもの、誰もやったことのないもの。

好奇心の赴くままに、行けるところまで。

こうゆう会社で働くのは、すごくエネルギーがいるんです。が!!自立心があるとすごく自由度も高い。ニューカマーのヤングジェネレーション。25歳190センチでいつも人を上から(物理的に)見てくるんですが、ほんとにこのひと月半、よく頑張ってますよ。パートさんからの信頼も絶大。。。

寂しさ倍増。。はいはい。わたくし、たまに顔を出す口うるさい小姑的ポジションを全うしてやりますよ。

秋に向けて11月にはパートさんも募集します。

トマトも順調。今年は約2万本のトマトのお世話が。。。うわーーー。。

丁寧に、美味しさを作り出せる温室の手入れをひたすらやっておりまして。いやぁ。がんばってるなぁー。ほんとに、若いっていいなぁー。純粋で、生真面目で、程よく鈍感。いいバランスで、このひと月で目覚ましく成長してます。うれしいなぁ。こうして、どんどんかかわる人が増えていくのはほんとにうれしい。

ほんで、新しい温室では秘密の大作戦。

あれです。あの、あかいやつ。

い・ち・ご。

試験開始。真面目に試験しますよ。クリスマスにはちょっくら取れてる予定。予定は未定。なんせ、初体験ですから。初体験。。。。

美味しいトマトと、美味しいイチゴ。淡路島の赤い情熱。淡路の島菜園。

いいなぁ。皆様、飽きずにお付き合いお願いします。

美味しいことはいいことだ。あ!これ、いいなぁ。

おいしいことは、いいことだ。淡路の島菜園。

トマトは10月から取れはじめますが、やっぱり年末から味が乗ります。

イチゴは今年は試験なので、ちょっとですが、来年は。。。。

今年の試験結果次第です。。ああ、トマトが食べたい!あんなに毎日食べてたのに、7月からトマト、食べてません。ああ。。やっぱりうちのトマト。好き。

2014年7月 3日 (木)

ブラック企業ワタミについて考えてみる。

いやぁ、最近のワタミの有名な感じは、ほんとに、何と言いますか、世の中の風の吹き方の変わり目って怖いなーといいますか。

まず、わたくし、ワタミに2002年入社?社員番号700番台だったような。

最初に国分寺に配属され、

半年で朝霞台で副店長、このビルの8階くらいにあって、よく冬場に半袖で駅前をビール券配りながら走り回ってました。180席くらいあったんで、もう宴会シーズンなんて、地獄絵図みたいな。。

その後川越クレアモール店で初めて店長に。

108席くらいの、ワタミの中ではすごくちっちゃい店でしたが、アルバイトのみんながほんとに、すごく店を愛してて、いいお店だったんですよ。もう、店長なんて、ワーカーにはまってれば勝手に店が回ってしまうくらい。それでも、ほんとに毎日10時過ぎまでウェイティングかかるくらい繁盛してました。この店でも月に1000万以上売上あったんですよ!イヤー和民もうかってましたよねー。

古いお店だったんで、もうちょっとおしゃれにならへんか!と、1階からのエントランスの階段に、勝手にちっちゃい電気を回廊みたいにつけたり、ショートさせてブレーカー落としたり、深夜営業で有線でジャズ流したり、今思えば、ばれたら絶対怒られますな。

その後、志木で店長になって、(すでに閉店。。)

どっかーん。280席。で、売上の低さがすごい店でした。台風の日に、2人で営業したこともありますが、もう、広すぎてわらけました。これが、週末には満席になるんですよ!1回転から1.5回転。キッチンにちび券が飛び交い、ほんとに嵐みたいですよね。平日20万、週末120万みたいな。よっしゃ―頑張るか―と思った矢先、ひと月で新業態ゴハンの立ち上げメンバーに。

gohan町田店。かっこいいお店でしたよ。シェフもちゃんといて、ワタミでもちゃんと料理が美味しい店を作るんだ!(いろいろ問題アリは表現ですね)

ってゆう、強い意志が感じられる、ワタミらしからぬ試みでした。

ワタミの中のおしゃれ業態のおしゃれ店長を目指して?この右側のおしゃれカウンターでシェイカーを振ってる姿を、ハートな目をして若かりし母ちゃんが眺めていたのを思い出したり。。。いやいや、実際戦場ですよ。ドリンカーが異常に弱いわたくし、注文がたまりにたまって追い出されたり。。ほんとに、ただひたすらにアルバイトの皆に助けてもらってた思い出しかない。

で、ゴハン横須賀中央店オープン店長させてもらいました。(今年6月閉店。。)

オープンには大失敗。アルバイトさんの確保を絞りすぎたとゆう、超初歩的なところから始まり、ほんとに力がなかったなーと。もう、反省しかないですね。

アルバイトの皆にも、ほんとに迷惑かけて、申し訳ない!

ほんで3か月で、降格。小田原の店に行ったり、町田で副店長で修行しなおして、もう一度店長に昇格するか、くらいのタイミングで、ワタミファームへ移動。

いやーいろいろやってますなー。この間わずか3年。。。3年ですよ!3年でも新業態が出来ては消えて。飲食業界の移り変わりの速さ、厳しさ。もう、ほんと、肌で感じさせてもらいました。長くいた店で半年。短い店でひと月。この短時間で、これだけ経験させてもらえる代償はもちろん不眠不休のブラックライフ。

そしてワタミファームへ。

ワタミファームも立ち上げの時期。千葉の山武農場で1年半、群馬の倉渕農場で1年半。ワタミがブラックなら、ワタミファームは超ウルトラハイパーブラック。

でも、たかだか3年で10ha以上の農場の予算ぐみ、そのたもろもろさせてもらえた経験対労働とゆう考えで見ると、全く違うワタミの一面が見えてくるんじゃないかと思うんですよ。

はいはい。わかりますよ。企業は人を雇用するとゆうことは、そこに労働基準法を守って云々。はいはい。どもっとも。みなさんのゆう通り。でございます。

が!それでもいいから自分に負荷をかけて、頑張りたい!成長したい!とゆう場もあってもいいんじゃないか。といいますか、いっぱいありますよ。実際。

ワタミファーム時代には、特区の利用もあり、JASの流行もあり、ほんとに注目されて、新聞、テレビにもいっぱい取材されて、「これが日本のこれからの農業の形だ!」なんてもてはやされて、でも、実際やってる立場からしたら、こんなめちゃくちゃな農業のやり方、働き方で、大丈夫なわけないやろ!!的な。。

でも、だからこそ、しっかりそれを仕組みに落とし込んで、改良して、生産体制を改善していく必要性を日々考えながら仕事できたし、それもすごくいい経験でした。

で、今ですよ。あれほどもてはやされたワタミの理念は、悪の教典のような扱いになって、24時間、365日死ぬまで働けって、それが悪い的な。そうゆう表面的なことを問題にしたところで、そんなもん、昔っからずーーーっと言ってて、じゃぁそれを当時問題にしなかったメディアには責任ないのか?っちゅう話ですよ。

24時間365日働けって言ってる会社を、ワタミはすごい!ワタミファームはすごい!ってメディアも行政も持ち上げてたのに、全くおんなじことを言い続けてる会社が落ち目になってきた途端にこの手のひら返し。

これが世の中だなーと。自分の感じだと、ワタミはブラック企業ではあるけれど、そこを踏み台にして育っていった人間もたくさん排出していて。働くことは生きること。を地でいく私としましては、いまだに自分の中にブラックな血が流れているなーと思うことも多いので、公然と、明るいブラック企業を目指そうかと。

まぁお金のこととか、そうゆう意味でのブラックではないですが、ブラック企業代表のワタミのいいところをしっかり継承していきたいわけです。なんしか、めちゃくちゃでしたが、何しか上向きで楽しかった。すぐ辞めていく人もいっぱいいるし、それも見越して雇用してる面もあって。

誰にとってもいい会社ではない。でも、頑張れる人は頑張っただけ、新しいステージを作っていける。それをお客様が支えてくれる。そうゆう循環があったんですよね。とにかくお店も畑も、お客様がいっぱいで、楽しくて仕方がなかった。寝てなくても休みなくても、自分の仕事を求められてるってゆうのをすごく感じることが出来たんですよ。でも、いま改めて、昔在籍した店を検索してみたら、閉店した店も何店舗もあったり。ワタミだったり、渡辺美樹とゆう人を、その勢いから周りの人がいろんな角度から批評したり分析したりしてますが、言ってることはずっと一緒ですよ。

ほんで、結局なにが言いたいかといいますと、労働時間と給与はしっかりすることを大前提にして、我が家は超しんどくて、超明るいブラック企業を目指そうかと。暑い、重いとぶーぶー言いながら爆笑しながら働けるなら、もう無敵ですよね。どの仕事だって文句言い始めたらきりがない。結局それは、その仕事自体の本質的な問題よりも、働く方の意識の方が大きいんじゃないかな。なんて。

あんまりにも最近ワタミが有名になっちゃったので。あえて、ワタミ社員もアルバイトも、ただのかわいそうな被害者じゃないぞ!!ってゆうことを声を大にしてお伝えしてみようかと。

2014年6月24日 (火)

長ーかったシーズン。もうあと10日で終了するのか!しないのか。。

いやぁ去年の10月から収穫が始まり、9か月か。。。

長かったな――。

20080712_073_777x518

ほんとに、今年から挑戦した長段栽培。ほんとに長い間収穫、出荷することが出来ました。ほんで、これだけの量をお客様にたべていただけたこの感動。

収穫段数は20段を超え、一段7個としても20段×7個×3000本×4圃場=168万個。

まじか。。。

ほんとによく頑張ってくれました。トマトたち、パートさんたち、子供たち、ほんで、奥様。

「この忙しいのも、もうすぐ終わる!」

と、奥様とパートさんをだまし続けてはや半年。ひたすら忙しい出荷のピークがようやく過ぎて、今は最後のひと踏ん張りでトマトたちが、甘味を濃縮したトマトをぶら下げてくれてます。

今年のトマトは、ずばり!イメージ通り。レストラン様にも半年以上、定番化していただけたし、取引先様もすごく増えて、課題は課題でもりだくさんですが、いい出会いにあふれたシーズンでした。

Img_8520

土曜日にも幼稚園。この、隣にいるちっちゃいのを畑にいく途中で下していく生活も、またよし。

Img_8543

日曜日にも作業場で暇つぶし。。。

ゴミを見つける監督と、掃除機係。

Img_8588

そして、全国の生産者方々とのつながりで、何とか乗り越えてきました。

農業の激変をほんとに、肌で感じながら、この荒波の真っただ中にいるのに、あの、台風の日に、思わず窓をあけて、すげーーーーーとか言ってる、そんな気分で毎日を過ごしております。

トマトを作り続ける中で、ほんとにたくさんの問題が降ってきて、そのたびに大きなチャンスがやってくる。その時その時に、助けてくださる人がいて、ありがたいなー。と、日々感じるわけです。結局人。結局人と、どんなえらい本を読んでも、大成功した人のテレビを見ても言っているわけですが、その意味をひたすら考えながら死ぬまで働くんだろうな。と思ったり。

いい人に囲まれて、仕事ができる、これ以上幸せなことはないものです。

そしてトマトもあと2週間でラスト。今年のお中元、最後の濃縮トマトをぜひ!

2014年5月26日 (月)

7年目の井出掃除に思う。

毎年井出掃除をするとブログを書きたくなる。

それだけ壮絶な掃除なんでしょう。淡路に来て、7回目の井出掃除でした。

井出掃除。それは、一番山の上のため池から、下のため池にそして、それぞれの田んぼまで水を引く水路の草刈とどぶさらい。全長5kmくらいをクワでひたすら水路をさらう。ああ。。。こうゆう激しい作業をするときって、絶対自分の中に、それに見合う理由を探したくなるんですよ。納得できないとやってられないといいますか。

Img_8360もうこんな感じですよ。

で、7年前に淡路に来て、初めての井出掃除をやってる時から、まぁったくメンツが変わってない。最年少の新入会員は、いまだにペーペーから抜け出せる気配もなく。。そりゃそうです。誰も入ってこないんだから。で、バリバリやったじいちゃんは、ちょっと勢いを欠いたじいちゃんに。75過ぎてたじいちゃんは、82才過ぎたじいちゃんに。。。

で、去年水路の一部が大雨でぶっ壊れて。

修理に税金で直してもらったんですが、200万かかっただとか。

でね。うちの近所だと、10aあたりの売上が10万そこそこ。苗代が1万5千円。薬代、トラクタの燃料に、コンバイン、トラクタの償却なんかをかんがえると、どう考えても産業として成り立ってないわけですよ。

償却終わってるから、とゆう話もあるんですが、構造改善やトラクタを買うための補助金の額と、実際に田んぼから上がってくるお金のレベル感があまりに違う。

うちの地域は特に一枚当たりの面積が小さくて、5a、3aの田んぼがほとんど。

昔っからずーーっと、こうやってやって来て、産業としては、国が税金で落とした額に対して基本的に赤字を垂れ流してる感が。

減反でお金がもらえ、中山間の維持でお金がもらえ。水路が壊れて。畦が崩れて、その他もろもろ、機械や土木工事業者にも、どんどんお金は流れるけど、つまるところの農家の手元にそれに見合うお金が生まれてはいなくて。

で、ビール一本でやるにはあまりにも過酷な井出掃除。

これを業者に頼んだら、引くくらいお金かかりますよ。だって、マジでしんどいんですもの。

Img_8409うちの畑を上の方から見ると、こんな景色が。すごく絶景スポットもいっぱい発見できたし、じいちゃんたちとワイワイ言いながらの作業も楽しいし。

一緒に流した汗の分だけ、いろんなことが分かり合えるってゆうのは、もちろん大切なことではありますが、それとこれとは。。

じゃぁもし、今度水路が壊れた時に、国がお金を助成してくれないと、確実にコメは作れなくなる。

日本中の中山間の米なんて、どこも似たようなもんでしょうねー。

これを、どこまで国が面倒を見るべきなのか。そこにどうやって線を引くべきなのか。どこまでが産業で、どこからが国土保全だったり、生活助成だったり、そうゆうものなのか。その辺の線引きが問われているとゆうか。

Img_8381

米って、ものすごく安く作れるイメージがありますが、ものすごく広大な畑が整備されていることが前提になっているのであって、今大きな問題になっている中山間ではほんとにコストがかかる。とゆうか、こりゃもはや産業としては、かなり厳しいものが。。。

分かりますよ。もちろん。仰ることは。地域を、文化を守るんだ!!

でもねー。日本中の中山間を、今のコストをかけ続けて守り続ける余裕があるのか、とゆう大前提に立って、話をしなきゃいけないんじゃないかなー。

限界集落は、やっぱり限界なんですよ。どこかで線を引かなきゃいけない。

この田んぼを守るためにかけてるお金を、保育所や公園、教育の現場に移管させたい。

子持つ親としては、どうしてもそうゆう風に考えちゃうんですよね。

Img_8414

と、農民車の荷台に揺られながら考えてしまった、初夏の午後。

みなさん、どう思いますか?

続きを読む »

2014年5月18日 (日)

たまねぎの正しい抜き方

Img_8284

いやぁへろへろですが、なんとかやってます。

トマト、いっぱいとれまくって、

取引先様もどんどん増えて、無事にみんな嫁に行けてて、ほんと、一安心。

https://www.facebook.com/kazuki.oomori.16

動画をどうやってアップできるのか分からなかったので、Facebookリンクしてみました。

この二人はほんとに、もうねー。

日曜にくそ忙しくても、ほのかな笑いを届けてくれます。

 

Img_8319

ほんで、毎年いただくんですが、ご近所さんのたまねぎがほんとに、ほんっとにおいしい。またまたたくさんいただいたので、おすそ分けできる方に、幸せおすそ分けしますね。

たまねぎは、ご近所さん曰く、8つくらい切れ目をいれて、レンジでチンして、ほんで鰹節とポン酢で食べるのが一番らしい。

今日はかあちゃんが昼ご飯でかきあげにしてくれました。

たまねぎをそのまま上げるより、今の淡路の新玉は、肉厚であまいから

かき揚げがぜったいにおいしいですよ!

Img_8356

こんな感じ。今日は3コンテナ。

つり球の季節になると、去年は20コンテナいただきました。

そりゃ、こんだけ美味しい玉ねぎもらえるんやから

自分で作る気まんでなくなります。

http://www.tfm.co.jp/smile/blog/index.php?itemid=80142

ホンダスマイルミッションに登場しました。

FM東京系列で、全国放送。

終了後にお知らせするあたりが、いいんですが。

音源の乗せ方がわからず。。再放送されないかなー。

あ、トマトはずーっと絶好調。毎日300kg以上取れてます。

関西スーパーさんや、阪急オアシスさんに瞬間的に行きました。

来週末にもオアシスさんに行けるかなー。トマト次第ですが

試食販売は絶好調だったそうで。。ありがたやありがたや。

続きを読む »

2014年4月15日 (火)

三者三様のハル

ご無沙汰いたしております。

ハルがきて、いろいろトマトがいっぱいで、母ちゃんのつかれが90%を超えて、こまきが3歳になりました。

 

Img_8101

近所のパストさんでお祝い。「たんじょうびなんですーー」とか甘えた声で言ってみて、「歌も歌ってもらえるんやって!よかったねーーー」とかさらに甘えてみると、満点笑顔で歌ってくれました。きまぐれ小蒔。こいつが笑うと、きゃわいーーんですよねー。ツンデレか!!

Img_2638

このひと、小学生になってしましました。なんか、急に遠くへ行ってしまったような寂しさ。こんなにかわいい小学生がいるのか!!!と思いながら送り出す日本中の父親同様、心配でしょうがない毎日です。

Img_8056

このひとは、相変わらずトマトが好き。

割れたトマトをやってるですよ!しかし、おいしーなー。

長段作戦大成功!!!

美味しいトマト、結構ながーく出荷中。

さらに、甘さが増してる気がする。ああ。幸せ。

ヨーロッパから帰ってから、今までずーーっと引きこもってたのに、急激にいろんな人に会って、ものすごいペースで秘密の大作戦を進めてます。もう、3年後にどうなってるか予想も付きません。人生は楽しい!!!近くのみなさん!遠くのみなさん!!!どんどんまきこんじゃいますよ!こうご期待!!!

あ!ギフトまだまだ続きます。

あ!!!

http://nukumoriichi.com/

お世話になってます、温市さんのホームページがリニューアルしました。ぜひのぞいてみてください。全国のつわものがそろっておりますよ!!

続きを読む »

2014年3月26日 (水)

予告。明日泣きます。

おかげ様のおかげ様です。

明日、長女が卒園式です。

091206_395

淡路に来て6年たち、7年目。

そうです。6年前、長女はこんなんでした。

こんな長女を連れて、畑の大家さんに直談判。畑貸してください!

から始まった淡路生活。7年かぁ。

Img_7584

最近自分の名前を漢字で書けるようになりました。

次女が生まれて、畑が広がったりで、もう、いそがしマックス。

 毎日がいとおしいのに、アッとゆうまに過ぎてゆく。ああ。。。

そして、母に。。。

Img_72051

ってゆうくらい、いいお姉ちゃんです。

姉妹ってホント、かわいいですね。そして、明日卒園式。

http://www.youtube.com/watch?v=BAjquvoAVTU

これ、歌うらしい。

さっきお風呂で歌ってくれて。もうなみだが。。。

このブログを読む若い人がいたら伝えたいもんです。

あなたが子供の時から、こんなに大切に育てられてきたんやってゆうことを、

あなたが本当に知るのはずっと先になるんだよ。

ってゆうこと。親の心、子知らず。。

ああ、年と共に、今まで何十回と聞いてきた言葉が、全く違う響きを持つものですね。

もうすっかりおっさんですが、子供みたいにやりたいことが次から次へと湧き出てきて、さらに、それをついに、具現化する年になってきてることを実感します。

おとおちゃんの背中をしっかり見て育て!!むすめたちよ!。

そして、明日。泣きます。。。。

絶対に。泣きますよ。

 

 

続きを読む »

2014年3月 9日 (日)

4月以降の価格について。

すっかり春めいてまいりました。

もう、ハウスの中では完全に半袖。1月から半袖ではありますが。。。。

さて、近年の資材、運送品の値上がり、燃料費の値上がりをひたすら耐えて、据え置き続けた価格ですが、消費税の増税も含め、価格を変更させていただきます。

4月1日以降の着分につきまして、

4kg箱 4500円(税込み)

ギフトボックスは1.3kgで1500円(税込み)

袋は430gで500円。(税込み)

4500円以上のご注文で送料負担させていただきます。送料も上がりそうですので、随時お知らせさせていただきます。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。                         

園主 大森一輝

続きを読む »

2014年3月 7日 (金)

おいしいトマトがいっぱいで幸せな件

皆様、本当に、今シーズンもたくさんのご注文、ありがとうございます。

トマト農家をやっていて、年に1度、2度注文をくださるお客様が、毎月になって、今や毎週のお客様まで。個人のお客様、レストラン様、本当にありがたやの連鎖で、感動が止まりません。

Img_7142

梅もすっかり咲いております。去年草刈したときに出てきたこのうめのき。来年は花見でもしたいねーなんて思ってましたが、あまりの忙しさに全くまったり眺めることもできない。心をなくすのが忙しいといいますが、なくさずやって見せます!

Img_7213

トマト。快調なんです。

今まで、この時期はもう冬作が終わって、苗を植えて、すっかりくつろぎながら、ぷはーーーーーおわったーーーーーーー。なんてゆうてましたが、今年はあるんです。

むしろ、この時期にトマトを作り続けると、絶対美味しいトマトができる!とゆう確信はあったんです。でも、大変やし、やすみたいしーー。なんて。

Img_7216

 

でも、実際こうして、美味しいトマトがいっぱいできると、ほんとに長段で、ずーっと出荷できる体制にしてホンマによかったと思います。

だって、美味しいんです。ほんとに。

それが、続くんですよ。いつも始まったと思ったら終わってしまってたギフトシーズンが、うまくいけば7月まで続くか!!の挑戦は、中盤までやってきました。

今のところ、予定通り。

おいしさは想像以上!

Img_7174

さらに、最近ハウスの中は、急激に暖かくなってますので、美味しいトマトがいっぱいあります。扱ってくださるレストランさんも、50店舗を超える勢い。ありがたいうえに、それを超える勢いでおいしいトマトが!!

そうなんです。すげーおいしいトマトが、スゲーあります。

入学、入園、卒園、卒業、合格、いろんなイベントが盛りだくさんのお祝いに、我が家のトマト!!どうですか!お孫さんのトマト嫌いを直したい!つわりで食欲がない!!そんな皆様、あらゆるニーズにお応えできる今のトマト、おすすめです。ご注文、お待ちしております。

https://www.formlan.net/s_form/awajino_1/

続きを読む »